不織布マスクによる肌荒れの対策

不織布マスクで肌荒れする?

ウイルス・風邪・花粉などの予防で不織布マスクが手放せない。マスクで擦れて、肌荒れ気味。スキンケアはそれなり気を付けているのに…。どうしたらいいかな?

マスクが肌荒れの原因になることも

冬から春にかけて活躍することの多い不織布マスクですが、注意点もあります。

マスクを使用していると肌との間で擦れが起こります。肌への刺激となりますから、人によっては肌へダメージを与え、肌荒れにつながることがあります。

また、マスクの中が蒸れて水滴ができるくらいになると、肌表面の水が蒸発するときに角質層の水分も一緒に蒸発させてしまい、乾燥肌を招くこともあります。

お肌にとってはできれば長時間つけてはいたくないところですが、お仕事や花粉症などで手放せない方も。
帰宅後の日常のスキンケアは行えているならば、外出先や職場などでの乾燥対策もしておきたいですね。

すぐに出来る乾燥対策

  1. 不織布マスクの内側に同じくらいの大きさのガーゼを挟んで使用すると肌が擦れるなどの刺激が緩和され、マスク内の蒸れが解消できます。湿ってきたら交換すれば、蒸れの解消にもなります。
    ガーゼを重ねる
  2. 定期的なマスクの取替で換気よく衛生状態を保つため、午前・午後で時間を決めて交換することをおすすめします。
    マスク複数枚
  3. 保湿をこまめに行う マスクをつける前の保湿はもちろん、外した際にこまめな保湿も大事。マスクを外して、化粧直しの際に保湿をし直すとよいでしょう。
    化粧品

YOF beautyスタッフがおすすめする化粧品 ベスト3!

1位

肌に艶を角質に潤いを

本来水にしか溶けない美肌成分をナノ化し、オイルの中に溶かし込んでいるため、皮膚との親和性の高い美容液です。 オイルでありながら、さらっとしたテクスチャーで伸びが良く、マスクの着用で荒れた肌を整え、ハリのある潤い肌へと導きます。
1回の使用につき、たった3滴で十分なうえ、3本セットのため普段使いでもたっぷりご使用いただける、コスパ良しの一品です。

2位

肌に近い成分でなじみやすく、健やかな肌に導く

人間の皮脂に近い脂肪酸組成を持っているエミューオイル*1 100%の製品です。 エミュ ーオイル100%のため、なんといっても保湿力が自慢の製品で、YOF beautyの製品の中でも人の皮脂成分に最も近い製品の一つです。 また、必須脂肪酸やビタミンEなども含まれており、とろみのあるオイルが肌に潤いを与えるだけでなく、肌を整える役割も果たします。 肌だけでなく髪、つめ、ストレッチマーク*2、傷跡のケア等、様々な用途でご使用いただけます。
 *1 エミュー油:保湿成分
 *2 妊娠、急な体重変化などで皮膚にできるひび割れのような線のこと

3位

化粧直しに!持ち運びに便利なスティックバーム

スティックタイプの美容液。いつでもとこでもハチミツ*3&ナッツオイル*4の保湿成分で潤いをチャージ。 持ち運びに便利なサイズなので、乾燥が気になった瞬間に取り出して保湿!マスクで乾燥した肌や、お化粧が崩れた肌にバームがとろけ、潤いを与えます。
爽やかなフレッシュハーブの香りです。
 *3 保湿成分
 *4 ナッツオイル(マカデミア種子油、ヘーゼルナッツ油、アーモンド油、ククイナッツ油):保湿成分